1. 四條畷 あらた鍼灸整骨院 HOME
  2. 症状別ページ
  3. 梨状筋症候群

症状別ページ

梨状筋症候群

○梨状筋ってどこにあるの?
 

 梨状筋は臀部(お尻)にあり、仙骨(骨盤のちょうど真ん中)から股関節に向かって走っている筋肉です。
この梨状筋は深部にあり、その下を坐骨神経が通っています。


○梨状筋症候群ってどうなっているの?

 梨状筋という筋肉が何らかの原因で硬くなってしまい坐骨神経を圧迫してしまうことがあります。
坐骨神経が圧迫されることで臀部から太もも・ふくらはぎにかけ痛みやしびれが生じます。
坐骨神経痛によく症状が似ており、またレントゲンやMRIでは異常が見当たらない為、判別がとても難しい疾患です。


○梨状筋症候群の原因は?

・デスクワークや長時間の運転など座っている時間が長い方によく見られます
・スポーツ選手など足(股関節)を開くことが多い方


○梨状筋症候群の治療は?

 まず、当院では梨状筋を緩めることを重点に治療を行っていきます。
特に鍼治療に抵抗がない人には鍼治療を積極的に行っていきます。上記にもあるように梨状筋は深部にある筋肉なので
マッサージではアプローチしにくく、鍼治療を行った方が梨状筋に直接アプローチができ、痛みが早く緩和しています。
また、お尻を温め、筋肉を緩めストレッチを行うことで筋肉に柔軟性がでてきます。

あらた鍼灸整骨院
  • 〒575-0002
    大阪府四條畷市岡山2-14-5
  • JR学研都市線
    忍ヶ丘駅徒歩7分
  • 新 真和
pagetop